パチンコ花の慶次は人気のあるパチンコ台の一つですが

 

2007年の7月に導入されたものです。

 

 

パチンコメーカーのニューギンが作ったのですが

 

大当たりの確率は339.25分の1の確立だそうです。

 

大当たりの出玉については1640個前後とされています。

 

時短は全大当たり後100回とされています。

 

平均連荘回数は5.5回で獲得玉数は5300個です。

 

これが基本的なパチンコ花の慶次の情報になります。

 

 

 

攻略するポイントがインターネット上などでも

 

色々と公開されているのですが確変突入率は80パーセント

 

になっていて平均継続係数は平均5.50回となっています。

 

 

大当たりの確率が399回に1回ということで

 

ハイスペックな機械であることもわかります。

 

大はまりを避ければ勝つことに近くなると思います。

 

 

パチンコメーカーのニューギンというのは基盤には独自の波があります。

 

甘い時が連続で怒ることも多いので、

 

パチンコ花の慶次の場合でもかなり出ることも多いといわれています。

 

 

玉単価が高いので、パチンコ店側としても売上につながりますし、

 

遊んでいる人にとっても、一発逆転を狙うことが可能ですから、

 

パチンコ店によっては20台位をまとめて設置しているという店舗も多いのが

 

パチンコ花の慶次設置のポイントです。

 

パチンコ店を選ぶ際には4円換金のパチンコ店を選んだほうが、

 

花の慶次を楽しむ場合にはより一層面白さが増すのではないかと

 

いわれていますので、探してみるのも一つの方法です。

 

パチンコ 花の慶次とは関連エントリー