パチンコにかかるお金

 

1玉円から遊べるところも増えていて1円パチンコと呼ばれていますが

 

相場的には1円から4円位が一般的です。

 

普通は4円なのですが、

 

平成19年からスタートした1円パチンコは今増えていますし人気です。

 

 

パチンコ店によってこのお金というのは違っていて、

 

同じお店の中でも1円の玉のコーナーもあれば

 

4円の玉のコーナーもありそれぞれ併設しているようなところもあります。

 

 

玉を1円、4円で借りて行いますが換金をするときには

 

1玉は2円から4円になるのですが

 

お店によりこの交換率というのは違っています。

 

 

交換率を表す方法は二種類あり、

 

1玉4円で借りてから3円で換金をするというときには

 

3円交換と33玉交換という方法があります。

 

初心者の場合には3円交換がわかりやすく、

 

持っている玉の数を数えて、3円をかけた物を換金してもらうという方法ですが、

 

33玉交換の方は、何多摩あれば100円になるのかということを

 

計算したうえで交換します。

 

 

換金率はパチンコ店で表示されていないので不信感を抱く

 

という人もいるかもしれませんが換金率というのは風俗適正化法で、

 

表示してはいけないことになっているので、

 

交換をするときにならないとわかりませんし、

 

それまでに知りたいというのであれば

 

パチンコ店の店員に聞いてみるしかないでしょう。

 

 

$箱1箱で3円交換の場合には5000円弱くらいに交換してもらえます。

 

 

1円パチンコの時には換金は1玉0.7円です。

 

パチンコにかかるお金関連エントリー