出玉の調整について

パチンコというのは釘だけで調整されているのですが、

 

デジタルのものはよく回る大といわれていて

 

かなり勝てる確率が高いといわれています。

 

たとえば千円を使って25回転する台と

 

15回転しかしない台の場合には大当たりが出る確率は

 

同じ時には回転数多い方が当たる確率が高いことになります。

 

 

3円交換でCR機の時にはパチンコの台で大当たりが出る確率というのは

 

309分の1回の確立とされていて、

 

確変突入は63%ということになっています。

 

 

 

計算をすればわかるのですが千円で25回転の時には

 

10時間やっていれば期待できる数字は20800円ということになりますし、

 

千円で15回転の時に10時間やっていて、

 

期待できる数字は−26700円ですからかなり違ってきます。

 

 

 

必ずこうした数字になるとは限らないのですが回転数が大きいほど

 

勝てる確率は出てくることになります。

 

初心者の人はこのことを覚えておいてパチンコをするのがいいと思います。

 

よく勘違いしている人の中にはパチンコで出るとかでないというのは

 

釘だけで調整されているということを忘れないようにしましょう。

 

 

 

パチプロの人などはこの出玉の調整について色々と調べたうえで

 

パチンコを楽しんでそして勝率を上げていることになりますが、

 

やはりあれだけ勝てるということは出玉についてもいろいろと

 

研究したり情報収集をしなければ難しいでしょう。

 

 

初心者はとりあえずデジタルがよく回ることを覚えておいて

 

選んで行うと勝てる可能性は高いですね。

 

 

出玉の調整について関連エントリー