パチンコ依存症にご注意

今日本ではパチンコ依存症の人は百万人以上もいるといわれています。

 

パチンコ依存症というのは、パチンコをどうしてもやめられないという人です。

 

 

パチンコ依存症になる人は色々なケースがいますが

 

ある主婦の場合には、育児のストレスからパチンコを始めて、

 

最初に五万円も稼いでしまったことから、

 

それからパチンコに足しげく通うようになって、

 

それからパチンコがやめられなくなってしまいました。

 

 

パチンコ依存症の主婦は育児放棄をしてしまったり、

 

車の中に子供を残したままでパチンコをするというような人もいるといわれています。

 

 

子供を保育園に預けてパチンコをしているという実態もあり、

 

パチンコ依存症に一度かかってしまうと本当に大変です。

 

パチンコ依存症で重要字を放置したせいで死なせたことによって

 

両親が書類送検ということになった事件もありました。

 

 

またパチンコ依存症で借金が増えて四百五十万円も借金をしてしまい

 

親子心中をしようと思って子供だけ死なせて

 

親が死ねなかったという事件もありました。

 

 

パチンコ依存症というのは一種の病気です。

 

薬物依存やアルコール依存症と同じ様に脳の異常と考えられていて、

 

我慢してももうどうにもやめられないような症状です。

 

 

パチンコ依存症と診断された場合にはカウンセリングを受けたり、

 

グループミーティングなどを受けて改善をしていくことが

 

解決の方法になるのですが、なかなか1度や2度通っただけでは

 

パチンコ依存症は治りません。

 

 

 

パチンコ依存症にご注意関連エントリー