競馬のクラス分けの仕組み

競馬のクラス分けの仕組みについてですがクラス分けというのは獲得賞金を基本として分けられています。

 

獲得賞金が多ければ上がるという仕組みになります。賞金をもらって入れば上がるということはたとえ2着だったとしてもランクが上がるということになります。

 

これは地方競馬のことになり、中央競馬の場合には賞金の金額でランクが上がるのではなくて、勝たなければランクは上がらないことになっていますから 勝てばランクが上がっていきます。

 

 

地方競馬のクラス分けはほかにも賞金獲得金額以外にも年齢で分けていることもあります。

 

年齢は大きく分けると2歳から始まった一般までの4歳まで分けられることが可能です。2歳というのは競馬のレースのデビュー戦ということになりますから細かいクラスに分けられていないのですが、3歳からは細かく分けられています。

 

 

クラス分けは特に予想などに直接関係があるというわけではないのですが競馬を始めた人にとってはどんな風にクラス分けがされているのかわからないという人もいると思いますから、クラス分けを知るということはとても大切なことだと思います。

 

地方競馬と中央競馬によっても競馬のレースのクラス分けというものは違っているということがこれでわかったと思いますから間違えないようにクラス分けをチェックしてみるといいでしょう。

 

 

予想には直接関係はありませんが、それでも知っておいて損な情報ではありませんね。

 

競馬のクラス分けの仕組み関連エントリー