中央競馬と地方競馬の違い

地方競馬というのは競馬の種類の中でも、

 

中央競馬地方競馬がありますが

 

公営競馬と呼ばれている種類の競馬になります。

 

 

中央競馬と地方競馬の違いは主催者が違っていることにあるのですが、

 

中央競馬の方は特殊法人JRAが主催している競馬で、

 

地方競馬の方は地方自治体が主催している競馬です。

 

 

地方競馬が開催されているのは全国で30か所です。

 

開催される日は中央競馬は毎週末土日に開催されているのですが、

 

地方競馬の方は平日も含めた数日ということになっています。

 

連続して開催されますが、定期的ではないのが地方競馬の特徴です。

 

 

 

そしてレースがダートが主体になっていることや

 

馬券の種類や買い方、クラス分けなども

 

地方競馬と中央競馬では違いがありますし、

 

勝負服が機種によって決まっているということなどの

 

違いもあるのですが、

 

競馬のルールのようなものはほとんど同じなので

 

競馬を楽しみたいと思っている人にとっては

 

特に中央競馬も地方競馬もないと思います。

 

 

地方競馬は、いろいろと楽しみ方が

 

中央競馬よりもあると言われています。

 

ナイター競馬も実施されていることが大きな特徴ですが、

 

東京にある大井競馬場で行われているトゥインクルレースというのは

 

1986年にはじめて夜間の競馬として始まりましたが、

 

仕事帰りの男性やカップルなどにとても人気です。

 

ライトアップなどもされていますし、

 

レストゾーンなども用意されていますから競馬を楽しむ以外にも

 

楽しみが地方競馬にはあります。

 

 

中央競馬と地方競馬の違い関連エントリー