リーチ目について

 

スロットのリーチ目について紹介したいと思いますが、役のフラグを抽選するときに、BIGボーナスと書かれていたりREGボーナスと書かれているものが出た場合には、リール制御が作動して4コマ自動的に滑ったとしてもボーナスがそろわない時に出るというのがリーチ目と呼ばれているものです。

 

 

リーチ目というのはそれぞれのスロットの機種や台などによっても違っています。リーチ目というのは、ボーナスが決まるまで出ないと決められているのですが、リール制御と配列の問題上、スロットのメニューの図柄が出たのにはいっていないというような場合があるといわれています。

 

 

よくスロッとをしている人が間違えやすいこととして1リール歯科出ていないリーチ目の図案の中で、別の役がそろっている時にリーチ目の図案が出ているということになります。

 

 

カノコンチの右リールの場合に、デカ真琴が、画面の中にもしも2コマ出たとしたら、リーチだと思われている人も多いのですが、これは実はデカ真琴が2コマ分出ているのでボーナス以外の役は決まっていない時にリーチ目になるということになります。

 

ですから何か別の役が当たっているとこれは意味のないものになるということになります。

 

 

しかしスロットのリーチ目である役がこの形でそろうというようなボーナスが決定するという図もあるので、リール確定の図もあるということは覚えておくといいと思います。ですから一概には言えないのですが、無効になる場合もあります。

 

リーチ目について関連エントリー