スロットのタイプ

 

スロットにはいろいろとタイプがありますがご存知でしょうか?大きく分けるとABCという三つの種類に分けることができるんですが、一番台の種類が多いのがスロットのボーナス確率と出る玉のバランスがいいといわれているAのタイプということになりますね。

 

スロットで最近CT機というのが出ているのですがこれによってBのタイプの機種もかなり人気があるといわれています。

 

ここ数年4thリールをつけていたりフラッシュを使っていたり、どっと表示をしているといったようにスロットの機械もゲーム性がかなり高くなっている台が増えていますがどんな機能がついている台であっても、基本は3つの種類から成り立っていることになりますから覚えておくといいと思います。

 

 

Aタイプのスロットの機械は一番スタンダードタイプと呼ばれているもので3回ボーナスインタイプのビッグボーナスが入っているものをいいます。そしてBタイプの機種というのは2回ボーナスインタイプのビックボーナスが入っているタイプのものをいいます。ボーなる確率がAよりも甘いという特徴があります。

 

 

そしてCタイプの場合には集中を持っているといわれています。小役がかなり高い確率で当たるといわれています。

 

しかしこのCタイプのスロットマシンは今あまりないので、貴重とも言われています。先ほど紹介したCT機というのはBタイプに当たるのですがこのBタイプにCT機能がついているスロットをB+CTタイプといったように呼んでいます。

 

スロットのタイプ関連エントリー