宝くじのキャリーオーバーとは?

 

宝くじの中でも数字選択方式の宝くじ「ロト6」にはキャリーオーバーという
制度があるのをご存知でしょうか?

 

キャリーオーバーとは数ある数字選択方式宝くじの中でロト6だけに適用されるもので、
当選者がいない等級の当選金が次回に持ち越される制度のことです。

 

つまり1等の当選者がいなかった場合、その金額が次回に持ち越されることになり、
ロト6は最大4億円の当選の可能性が出てくる宝くじなのです。

 

このため高額のキャリーオーバーが発生している時はニュースなどで取り上げられる時
もあり、その回はかなりの購入者が殺到しています。

 

 

ロト6は一口200円で購入できることや好きな数字を組み合わせ何口でも購入できるこ
とも魅力で、初めての人でも買いやすいというメリットもあります。

また通常の宝くじと違い、宝くじの販売窓口以外でも指定の金融機関のATMでも購入
することができます。

 

ロト6は開封くじと違い当たる窓口などの選択で確立アップを狙う必要がないので、全国
どこでも誰にでも同じようにチャンスが与えられているわけです。

好きな数字を6個選ぶだけで億万長者になれるかもしれないチャンスを秘めたロト6。
是非あなたも挑戦してみてください!

宝くじのキャリーオーバーとは?関連エントリー