宝くじ当選金には税金がかかる?

 

宝くじ当たったら……あれをしよう、これをしようと夢を描いている人も多いでしょう。
そこで浮かんでくるのは、宝くじで高額当選をした場合の税金はどうなるの?

税務署に所得として申告するの?という疑問です。

 

簡単に言ってしまえば、宝くじの当選金には所得税はかかりません。
宝くじには法律があり、「当選金付証票法」の第13条によって「当選金付証票法の

当選金品については所得を課さない」としるされています。
つまり当選金は非課税扱いになるので、申告の必要がないということです。

 

ここで注意したいのが「贈与税」という税金です。

 

最近ではグループ買いといって数人でお金を出し合って複数枚の宝くじを購入し、
その当選金を山分けするという方式をとっている人たちもいますが、実際に当選金

を受け取るのは代表となる一人だけです。
つまりその他のメンバーがそれを受け取るのは贈与に当たるわけで、贈与税が発

生することになります。

 

この場合委任状を書くことで、贈与税対策をすることができます。

 

代表者が銀行に受け取りに行く際に書面で「グループでお金を出し合って購入した」
「代表者に受け取りを委任する」ことを書き、グループ全員の署名捺印をすることで

対応することができます。

 

また、宝くじの当選金で住宅を購入する人もいると思いますが、税務署からのお金の
出所の問い合わせに対応するために、当選証明書をもらっておくのもお忘れなく!

 

 

 

宝くじ当選金には税金がかかる?関連エントリー