「水上の格闘技」などと称される競艇は、

 

プロの選手たちが水上での早さを競い合う迫力あふれるモーターボート競技です。

 

競艇は1レースにつき6艇のモーターボートがゴールを競うもので、

 

それぞれの選手たちのユニフォームやモーターボートの旗などは、

 

わかりやすく色分けがされています。

 

 

1号艇が「白」、2号艇が「黒」、3号艇が「赤」、4号艇が「青」、5号艇が「黄色」、

 

そして6号艇が「緑」という色分けが決まりとなっており、

 

観戦する人が各艇を識別しやすいように工夫してあるのです。

 

 

 

 

さて、競艇のレースは、どのような流れで行なわれるのでしょうか?

 

競艇では、発走ピットを出てスタートラインを通過した後、

 

第1ターンマークと第2ターンマークの二つを順番に旋回して勝負を競います。

 

1周600メートルと定められたレースコースを3周するので、

 

選手たちは計1800メートルのコースの中で火花を散らすことになります。

 

 

 

競艇のコースは、海や河、湖などの一角を区切って造られたものが多く、

 

この水上コースのことは「競艇水面」と呼ぶのが普通です。

 

競艇場は全国各地に計24か所ありますが、いずれの競艇場でも、

 

ピットの位置などの違いを除けば、ほぼ同じ規格の競艇水面が採用されています。

 

 

競艇の基礎知識関連エントリー