競艇はどうやってスタートするの?

競艇のレースでは、「フライングスタート」と呼ばれる独特なスタート方法が採用されています。

 

モーターボートは水や風の流れの影響を受け、スタートラインに完全に静止することが難しいため、競艇では陸上競技のような一斉スタート方式ではなく、このような特殊なやり方が採用されているのです。

 

競艇ではスタートする時、スタートラインのそばにある大時計が0秒から1秒のうちにスタートラインを通過しなければならないと定められています。

 

競艇のフライングスタート方式では、それぞれの選手が自分なりのタイミングで、定められた時間を目標として自分のモーターボートをスタートさせることになります。

 

つまり、スタートラインを通過する時点で既に、ある程度の差が開いている可能性があるわけです。スタート時点で先行した選手は、引き波を使いレースを有利に進めることができるため、各選手はここでしのぎを削ることになります。

 

スタートは競艇の大きな見どころの一つと言えます。

 

 

フライングスタート方法は、水面を走るレースである競艇独特のものです。定められた時間よりわずかでも早くスタートラインを通過したり、出遅れたりした場合、その選手は失格になり、ペナルティが課せられます。

 

競艇はどうやってスタートするの?関連エントリー