競艇界を変えたモンキーターン

競艇ファンなら、「モンキーターン」というテクニックを知らない人はいないでしょう。

 

モンキーターンは、競艇の世界の勢力図を塗り替えたと言っても過言ではないほどの画期的なテクニックです。モンキーターンを始めたのは東京支部所属の飯田加一選手で、飯田選手がモンキーターンでレースタイムを短縮していくにつれて、多くの競艇選手たちがこのテクニックを使うようになっていきました。

 

 

「モンキーターン」の特徴は、ターンマークを旋回する時に前傾姿勢をとってボートの上で立ち上がるという所にあります。

 

「モンキーターン」という名前は、競馬における「モンキー乗り」という騎乗姿勢に似ているところからきています。モーターボートのサイドを水に沈めることによって、フルスピードに近い高速のコーナリングが可能になるのです。

 

 

このモンキーターンが画期的と言われるのは何故でしょうか?

 

それ以前の競艇レースでは、キャリアをつんだ競艇選手がインコースを独占してレースを有利に運ぶことが多かったものですが、必ずしもインをとらなくてもスピードで走行距離の不利を跳ね返すモンキーターンが登場したことで、若手の競艇選手にもレースに勝つチャンスが増えたことになったのです。

 

競艇界を変えたモンキーターン関連エントリー